一般質問

本巣市議会2018年9月 一般質問

若原議員・寺町議員・河村議員・澤村議員・堀部議員・鍔本議員・黒田議員・臼井議員・高橋議員・今枝議員・高田議員

一般質問の内容

動画ファイルをみる
若原議員 ① 新庁舎建設に向けての今後は
  • (1)分庁舎方式を継続するのに弊害となるのは。
  • (2)庁舎統合検討有識者会議の報告は。
  • (3)市の庁舎統合への考え方と今後の計画は。
  • (4)合併特例債期限が延長されたことによる影響は。
② しんせいほんの森の機能強化と利便性について
  • (1)現在の本巣市立図書館の役割とは。
  • (2)市の組織としての位置付けは。
  • (3)飲食のできるコーナーの併設は。
③ 本年度事業の推進について
  • (1)地方創生「まち・ひと・しごと創生事業」は、期限後も継続されるのか
  • (2)今年度4月からの消防の広域化による影響は。
  • (3)今年度から県が本市とともに国民健康保険の運営を行う制度になりましたが、今後の市・市民への影響は。
  • (4)各種の健康検査・がん検診の受診率向上に向けての取り組みは。
  • (5)指定管理を民間に任せた「道の駅おりべの里もとす」などの市民の反響は。
  • (6)上下水の有収率(73.7%)は、きわめて低いと思われますが対策は。
寺町議員① 防災について
  • (1)本市において、ブロック塀撤去費用助成制度はありますか。毎年たら、今後の制度導入についてはどのようにお考えか。
  • (2)かねてから危険性が高いと言われている山口頭首工の改修見通しは。また、どの程度危険性が軽減されるか。
  • (3)今回の大雨特別刑法発令下において、一部住民が避難するとともに、対策本部が設置されましたが、その時の状況は。
  • (4)糸貫分庁舎は建築後50年近くが経過するとともに、隔壁撤去等が行われていたが、耐震指標IS値はどんな値なのか。また耐震上の問題はないか。
② 通学路について
  • (1)通学路の点検結果について「危険と思われる箇所」の数等は。また、今度どのような対応を取られる予定化。
  • (2)通学路については、水路への転落事故、見通しの悪い場所での連れ去り事故が全国で毎年起きているが、事故防止のために、今後どのような対応をすべきとお考えか。
③ 自然保護について
  • (1)本市の過去の水生生物調査結果における確認種数の推移は。近年の劣化率が大きい動物についてのデータをお願いしたい。
  • (2)生物多様性地域戦略の策定も見据え、自然環境に関する部署もしくは担当官を配置すべきと考えますが、どのようにお考えか。
河村議員① 災害時の行政の対応策について
  • (1)災害時にどのような方法で情報把握をされるのか。水位状況、冠水状況、土砂崩れの発生、道路の寸断などの交通網の把握はどのようにされているのか。
  • (2)避難勧告、避難指示はどのようなタイミングでどのような方法で市民に伝わるのか。また、深夜の時間帯での避難についての可否の考え方は。
  • (3)指定避難所、指定緊急避難所の収容能力は。また、食料、毛布などの備えは。
  • (4)現在未設定のNTT西日本の災害時特設公衆電話にに対する今度の対応は。
② 本巣市の未来の子孫へ貴重な水資源を残す
  • (1)根尾築の自然保護状態、森林の保全管理の状況は。また、水源としての保護管理は。
  • (2)本巣地区の伏流水、地下水の飲料水としての安全確保について考え方は。
  • (3)陸砂利採取よって、水質が低下し、最悪は地盤沈下との意見もありますが。
  • (4)陸砂利採取による地下水の変化、土壌の変化により土地、農地としての価値が下がるとの見解もありますが、本市の将来の農地資産管理という観点ではいかがか。
澤村議員 ① 青少年の平和教育について
  • (1)席田地区上保の旧日本軍が作った完成まじかの滑走路を、身近な戦争の遺産として発掘保存してはどうか。
  • (2)原爆被害者の方は本市にもおられるのか。
  • (3)被爆者の方の差別をなくすための宣言を考えてみては。
② 高齢者の福祉について
  • (1)現在の市における高齢者世帯数の現状は。
  • (2)中には自ら救いの声を上げられない方もおられますが、このような方を見守る策はあるのか。
  • (3)民生委員など地域の方の力を借りながら孤立しないよう家庭を訪問するなど、悩みを聞き解決策の提案をしてはどうか。
③ 砂利採取業者の道路使用後の復旧についてお尋ねします。
堀部議員 ① 事業評価について
  • (1)平成24年度は565事業について内部一時評価が行なわれたが、26年度以降は評価対象の絞り込みにより評価対象が減っているが、適正と考えているか。また、抽出事業の選定基準の決定方法は。
  • (2)一次二次の内部評価と外部評価が違う場合、市が事業の評価とするのはどこの評価か。
  • (3)評価に市民の声は反映されているのか。
② 市民運動会について
  • (1)市民運動会に対する評価は。
  • (2)参加者が固定化、減少傾向の中、今後の市民運動会について、市の考え方は。
③ 公共施設の喫煙所について
  • (1)現在、喫煙所がある本市の関係する公共施設はいくつあるか。
  • (2)改正健康増進法施行に向けて今後の対策は。
黒田議員 ① 地方創生の現状と課題
  • (1)これまでの取り組みと検証は。
  • (2)検証から見える課題をどう捉えているか。
  • (3)有効事業の継続など、今後の地方創生への取り組みについて
② 通学路の安全対策強化
  • (1)学校等教育施設についての安全点検の実施とその結果は。
  • (2)個人宅も含めた通学路全般の安全点検とその対応は。
  • (3)ブロック塀等の撤去、補修については、民間施設に対応できる独自の補助制度が必要と考えるが、対策は。
③ 犯罪被害者支援
  • (1)犯罪被害者支援に対する本市の考えは。
  • (2)県の取り組みや他自治体の動向は。
  • (3)実効性の高い条例制定が必要と考えるが見解は。
臼井議員 ① 市民協働サポートセンター整備・運営事業について
  • (1)現在の整備状況は。
  • (2)具体的な構成人員、指導内容は。
② イベントについて
  • (1)イベントの目的は市としていかに考えているのか。
  • (2)市としては、今後どのような継続を支援されていかれるのか。
  • (3)イベントのあり方について、協力市民との協議は
高橋議員 ① 豪雨時の特別警報発令について
  • (1)小・中学校休校日数をどのように補填するのか。
  • (2)今回の発令時、南部地域(糸貫・真正地域)で災害の恐れはあったか。
  • (3)気象警報・注意報の発令地域細分化について、以前の一般質問答弁後変化はあったか。
② 幼児教育・保育の無償化について
  • (1)現時点で各幼児園の保育士の人員不足はないか。
  • (2)現時点での幼児園での働き手と市との意見交換や要望を聞く場は確保されているのか。
  • (3)保育士の給与アップについて市の見解は。
  • (4)無償化により増える市の負担額をどのように補填していくのか。
今枝議員 ① ブロック塀の安全対策について
  • (1)安全性に問題のあるブロック塀等を有する学校は何校あったか。また、学校以外の施設は。
  • (2)工事着手までも間の安全確保は。
  • (3)民間施設や住宅のブロックで、専門家に倒壊の恐れがあると判断された塀等の所有者に対しての対策は。
  • (4)倒壊の恐れのあるブロック塀の撤去費用の助成に対する考え方は。
  • (5)撤去のみでなく、現在リフォーム補助の対象外となっているブロック塀等外構工事も撤去した事例は、対象にしてはどうか。
② LGBT(性的少数者)の方たちが暮らしやすい環境づくりについて
  • (1)学校現場で悩んでいる児童・生徒がいた場合の対応等の教員向けの対策は。
  • (2)市民との接点となる窓口業務をはじめ、市職員の配慮ある対応のあり方のための対策は。
  • (3)印鑑証明はじめ、性別欄が必ずしも必要でない各種証明書の性別欄削除の考えは。
  • (4)投票所入場整理券・宣誓書から性別欄を削除することへの考えは。
③ しんせいほんの森の運営について
  • (1)前年比‐2,062人の現状をどのようにとらえているか。また、対策の一つとして閉館時間の見直しをしてはどうか。
  • (2)滞在型図書館を目指すため、視聴覚資料の見直しや、学習スペース・飲食スペースの確保についての考えは。
  • (3)図書費の予算減少についての考えは。
  • (4)臨時職員のみという現在の職員体制の見直しは。
  • (5)電子図書館など、市立図書館としての今後の将来像は。
高田議員 ① 市内の小規模商工業者の支援について
  • (1)市内の小規模事業者の現状は。業種、その数、就労者、売上規模等の推移は。また、これらの事業者が抱える課題は。
  • (2)市内の小規模事業者に対する支援とその効果は。
  • (3)現状を踏まえ今後の支援の在り方は。
  • (4)事業継承の現状、課題、支援は。
  • (5)大垣市に中小企業の支援組織ガキビズが開設され、市HPにはこのガキビズの紹介があるが、この糸は。
  • (6)本市においても、新たな商工業者の支援の方法を検討する必要は。
② インターネットによる情報発信について
  • (1)インターネットを利用した情報発信の現状は。 (手法、発信方法、発信内容、反応、市内在住者には、観光で訪れる方には、本巣市が気になった方には。)
  • (2)外国人に対する情報発信は。 (市内在住者には、観光で訪れる方には、本巣市が気になった方には。)
  • (3)運用上のルールは(トラブルは)。
  • (4)地域づくりの施策として関係人口の創出が注目されているが、SNS等を利用して取り組む考えは。
  • (5)インターネット活用による情報発信対応に特化した活動や配置が必要では。
③ 大和園の養護老人ホームについて
  • (1)窓口での、相談の現状について
  • (2)今後の養護が、必要な方への対応は、どうしていくのでしょうか
  • (3)大和園の養護老人ホームの在り方は