その他

本巣市議会2019年3月一般質問

黒田議員・澤村議員・堀部議員・鍔本議員・道下議員・村瀬議員・若原議員・高橋議員・今枝議員・高田議員・寺町議員・河村議員

一般質問の内容

黒田議員 ①新年度予算の予算編成方針と重点施策 ②元気な里づくり
  • (1)最終年度となる本市のまち・ひと・しごと創生総合戦略の内容とその先について。
  • (2)企業誘致の現状
  • (3)豚コレラ問題が影響する「ブランド豚」支援
  • (4)ICTを活用した「スマート捕獲」による鳥獣害対策
  • (5)台風による倒木被害の復旧
  • (6)森林環境税活用の林業振興
③温もりのある里づくり
  • 【安心】
  • (1)児童虐待防止への本市の体制
  • (2)幼児教育無償化の概要について
  • 【安全】
  • (1)「洪水ハザードマップ」及び「土砂災害ハザードマップ」の改定について
  • (2)県が公表した地震発生時の被害想定への対応
  • (3)停電時の対策強化(情報伝達、携帯電話の充電対応)
  • (4)通学路の安全対策強化について(ブロック兵の撤去等)
④うるおいのある快適な里づくり
  • (1)体力向上事業の実施内容とその成果について。
  • (2)新年度の学校教育重点施策について。
  • (3)義務教育学校教育創設への取り組みと今後の計画
澤村議員 ① 児童の虐待防止について
  • (1)家庭内における子供の虐待を未然に防止する監視体制は。
  • (2)見たり聞いたりした時の通報や相談窓口は。
  • (3)市として対応に限界はないのか。学校、教育委員会、児童相談所で対応できるのか。
② 高齢者の補聴器の補助金について
  • (1)対象人数は。
  • (2)その要件は。
  • (3)金額は。
③ 濃尾活断層帯について
  • (1)市はどの程度把握しているか。
  • (2)想定の規模とその対策は。
④ 本巣西部連絡道路について
  • (1)最近大型車の交通量が増え路面の損傷が目立っているが、点検等されているのか。
  • (2)急なカーブ、交差点など危険個所の事故防止策は取られているのか。
  • (3)工事現場等、業者に過積載防止、安全運転等の指導は徹底されているのか。
堀部議員 ① 個人番号(マイナンバー)カードについて
  • (1)本市のマイナンバーカード取得率は。
  • (2)マイナンバーカードを利用してコンビニエンスストア等での各種証明書発行などの住民サービスの考えは。
② もとまる商品券の利便性について
  • (1)本市のプレミアム商品券の発行計画は。
  • (2)10月の消費税増税に併せて商工会等がプレミアム商品券を発行した場合の会計処理は。
③ 防災対策について
  • (1)車中泊をする避難者への対応は。
  • (2)避難所運営マニュアルは、避難所ごとに作成しているのか。また、マニュアルを把握しているのは誰か。
  • (3)避難所へのアクセス確保についての考えは。
鍔本議員 ① 教育長の今までの実績と今後の展望について ② 学校給食の民間委託に向けた進捗状況と今後の予定について。 ③ 小中一貫の義務教育学校について
  • (1)一貫校のメリット・デメリットについて。
  • (2)市内全学校での小中一貫義務教育学校の検討について。
  • (3)市長のお考えは。
道下議員 ① 携帯電話不感地域の対策について
  • (1)要望箇所、進捗状況、整備が進まない理由。
  • (2)「携帯電話等エリア整備事業」を活用した整備の考えは。
② 根尾生活支援ハウスについて
  • (1)20年度~29年度の入居者1人当たりの管理費の推移は。
  • (2)今後の利便性・サービスの改善や管理運営方法の検討は。
③ 本巣トンネルの視認性向上について
  • (1)視認性向上対策の管理者との協議について。
  • (2)今後の取り組みは。
村瀬議員 ① 本市の土地利用型農業の方向性について
  • (1)本市の土地利用型農業の現状は。
  • (2)北部地域、南部地域ごとの担い手の経営体数及び農地の集積率は。
  • (3)効率的、先進的技術に取り組み担い手に確かな地図情報の提供が今後必要であるため、その整備が必要と考えますが、その必要はありますか。
  • (4)市全体の土地利用型農業の方向性として、市長のお考えは。
若原議員 ① 高齢社会に向けて今後の対応は。
    • (1)新規事業に認知症対策がありますが、市が把握している認知症患者の現状と期待する効果は。
    • (2)高齢者の特性を踏まえた保険事業(フレイル対策)への考えは。
    • (3)今後の超高齢社会への取り組みは。② 公金の資金管理・運用について
      • (1)公金管理の原則及び管理方法を定めていますか。
      • (2)必要に応じ本巣市公金管理委員会を開催とあるが、実際にはありますか。
③農業用水利施設について
  • (1)老朽化している農業用水路U字溝など修復・管理はどこがするのか。
  • (2)土地改良区(井水組合)では、改修不可の大規模工事はどこが実施するのか(三水川に設置の取水用起伏ゲート)。
  • (3)農業用水利施設の管理主体の今後は。
高橋議員 ① 外国人材受け入れへの取組みについて
  • (1)外国人材受け入れ拡大に向けた取組は。
  • (2)外国人児童生徒への対応は。
  • (3)外国人児童生徒への対応は。
  • (4)ホームページの多言語化への考えは。
② IT活用による利便性向上について
  • (1)公衆無線LAN整備の現状と今後の考えは
  • (2)納税の電子マネー決済への今後の考えは
  • (3)住民票等コンビニ交付導入の今後の考えは。
  • (4)今後の職員採用の計画とAI導入の計画は。
今枝議員 ① ゴミ出し支援について
  • (1)高齢者向けのゴミ出し支援の現状は。
  • (2)今後の支援に向けてのお考えは。
  • (3)紙おむつ使用世帯へのゴミ袋支給等支援のお考えは。
② 犬・猫の不妊手術費用の補助について
  • (1)飼い主がいる、いないに関わらず不妊・去勢手術費用の補助へのお考えは。
③ 電話による特殊詐欺の対策について
  • (1)本市における被害状況と現在の対策は。
  • (2) 不審電話をブロックする機器を利用しての対策へのお考えは。
高田議員 ① 市役所での働き方改革の実現に向けての取り組みについて
  • (1)職員の就業の実態は。時間外労働の管理は。
  • (2)ラスパイレス指数がH29は96.1、人口千人当たり職員数はH29は7.84人です。課題はありませんか。
  • (3)国内ではあらゆる場面で人手不足と言われていますが、市役所の求人状況は。
  • (4)民間労働法制における、長時間労働の是正、多様で柔軟な働き方の実現に係る法律、雇用形態に係わらない校正な待遇の確保に係る法律の導入に対する対応は。
  • (5)働き方改革を進めるには、仕事の効率化、組織や制度の見直しが必要と考えますが。
  • (6) 市役所で働く魅力は。又その発信は。
② 地域資源を活用した新たな企業進出戦略について
  • (1)屋井工業団地本格稼働による、歳入への効果は。
  • (2)企業進出の状況は。設備投資の状況は。
  • (3)固定資産税を3年間最大ゼロにする制度や、3年間1/2にする制度の活用状況は。
  • (4)地域資源を活用し、地場産業と連携を生むような企業誘致戦略が必要では。
  • (5)進出した企業に対するきめ細かなフォローを行うような支援が必要では。
寺町議員 ① 天然記念物及び本巣市の代表物のPRについて
  • (1)昨年、台風被害を受けた淡墨桜のその後の状況は。淡墨桜の由緒や台風被害からの回復劇などPRし、市内外へ発信することは、重見天日(ちょうけんてんじつ)の機会になり、また寄付者への報告にもなると思いますがお考えは。
  • (2)市天然記念物・オヤニラミに関する調査中断前の調査データ推移と考察は。また、今後の(調査)再開の見通しは。
  • (3)環境配慮型水路への改修事業を推進し、ホタルの保全水路を増やしていくことへのお考えは。
  • (4)現在、ホタルに関する諸業務を産業建設部だけで担っていますが、市民環境部当で担う部分もあると感じます。市民環境部などで担う方向性はできないのでしょうか。
② 子供の健全育成及び高齢者の医療福祉について
  • (1)後期高齢者対象のすこやか検診の受診率を高めるためのお考えは。また、現行サービスの見直しの予定は。
  • (2)今年度から始まったインフルエンザ予防接種に対する補助の実績は。本市の今冬の幼児園、小中学校における感染状況はいかがでしたか。補助の効果は感じられますか。
  • (3)2020年の戦後最大とされる教育改革が目前に迫っていますが、来年度はどんな重点を持たれ、どんな取り組みをされる予定ですか。
③ 指定管理を受けた道も駅織部の里、うすずみ温泉のその後について
  • (1)指定管理を受けた施設における利用実績、売り上げ実績の推移は。
  • (2)昨年11月に道の駅織部の里において、石川県七尾市の鮮魚が販売され盛況でしたが、今後の開催予定はありますか。また、逆に本市の物産を先方で販売することは可能ですか。また友好都市越前市との物産交流によりさらに交流を深めてはと思いますがお考えは。